小牧市社会福祉協議会主催「災害ボランティア支援センター立ち上げ訓練」に参加

2018年02月01日投稿

1/28(日)午前中、小牧市社協へ
「災害ボランティア支援センター立ち上げ訓練」へ
市内のボランティア関係者が約150名ほど参加されてました。

赤池代表はフリーでのアドバイザー的な参加。
藤野さん(災害ボランティアネットの会)・
奥村さん(手話サークル ふたば )私(バリアフリー和太鼓サークル鼓っこ )は小牧での市民活動団体メンバーとしての参加。

行政側支援の話、社協の取り組みなどの説明。
社協担当武内さんの話、とってもわかりやすかった! 愛知人の活動写真も使っていただいてました(^^)
その後は、各班に分かれての訓練。今回は、6つの班に分かれての訓練でした。

私は、テント、トイレ設営。
テントは運動会テント、男性参加者で設営。
トイレは「ドント・コイ」周囲をシートで囲んだ洋式トイレ(写真参照)
小牧市では各防災倉庫に収納されているとのことでした。

訓練を通じて、毎年こうして一人でも多くの方に知ってもらい、体験してもらい、理解に繋がる機会が増えればいいなと思っています!

そして、社協さんの計らいで今回参加された皆さんに3/25のイベントの告知を兼ねてチラシを配布させていただくことができました。byせっちゃん

地元小牧の災害ボランティアセンターの立ち上げ訓練でしたがたくさんの課題が見えました。
平成22年に作られたマニアル通りの訓練で熊本や福岡のボラセンターの教訓が生かされてないと感じたので、反省会で改善を訴えていこうと思いました。
先ずは私の持論ですが、受付では受付表に書かれた住所氏名の身分確認が必要だと訴えて行きます。 by藤野さん

Copyright (C) 2011愛知人 All Rights Reserved.