私の想い・・・赤池 博美

2018年07月03日投稿

 

大阪全体で家屋の被害が2万件近く出ています。とてつもない
件数に対処も出来なく途方に暮れている‥と書きたいのですが、
その状況を踏まえ私達は活動をしていきます!
1人でも多くの方を救いたいという思いは、今まで以上に感じて
います。

前にも書かせて頂きましたが、屋根上作業はボランティアがや
るべき事ではないと考えています。国や行政、企業がやること、
私達はそこで補えないところを助けていく、それがボランティ
アだと考えています。

先週金曜日、吹田市にて指定建設業者向けにブルーシート張り
の講習をさせて頂き、私達の体験談をメインに長持ちするブル
ーシート張りの説明をしながら、業者様とディスカッションを
させて頂きました。(関連記事:朝日新聞DIGITAL)⇊
https://www.asahi.com/articles/ASL6X62GCL6XPTIL02D.html?iref=comtop_list_nat_n02

親身に相談に乗って下さった業者さんがいたり、今週末も勉強
したいからボランティアとして一度参加したいと手を上げてく
れた方もいました。また、その噂を聞き愛知県の某ハウスメー
カー様からも講師の依頼を受けました。
そしてわが町春日井市上条区自主防災会の方々も関心を示して
いただき、活動参加を推進して下さるとのことです。

もちろん、現地での作業活動も必要ですが、私の動きとして、
企業さんとの連携というシステム作りに注力して行きたいと思
っています。
今まで私は作業を優先していましたが、屋根上作業のノウハウ
を一人でも多くの方に伝えていく状況なのかもしれません。

台風が迫りつつあります。
雨漏りに気づいていない家や、風でブルーシートが剥がれ
シートや土嚢袋が落下するなどの二次被害がででるのではない
かという懸念が杞憂に終わればいいと思っています。
一部損壊のお宅の被害がこれ以上広がりませんように願うばか
りです。

災害により日常が著しく変わり、お金では解決出来なく困って
いる人々に今後も手を差し伸べて行きたく思っています。
この大阪を悪い事例としてでは無く、良い事例として、復興を
成し遂げて頂きたく、微力ではありますが、私も死力を尽くし
ます。どうぞ皆様のお力をお貸し下さい。

今後の愛知人の動きとしまして、レスキューアシストの武ちゃ
んとの連携を強化し、2週間の活動で一旦収束した吹田市の状
況をみながら、ニーズ件数が200件を超す高槻市の支援も視野
に入れしばらくの間、毎週末の活動を考えています。

私自身も活動もしますが、調整役又は講習会などに準じて行き
ます。しかし立て続けに起こる災害で私達の活動費もショート
寸前まで来てしまいました。私達の活動にご賛同いただけまし
たらご支援いただけると助かります。引き続きよろしくお願い
いたします。

代表 赤池博美

 

【支援金の振込先】
愛知銀行 春日井支店 普通 2047764
アイチジン ダイヒョウ アカイケヒロミ

【連絡先】
愛知人 代表 赤池博美(あかいけひろみ)
【TEL】  080-3758-0828
【メール】「お問合せページ」からお願いします

※以下は熊本地震でブルーシート張りが間
に合わず、2ヵ月後に屋根から雨水が浸水し
てしまったお宅の画像です。今回の大阪北
部地震では、このような状況にならないよ
う1件でも多くのニーズに対応したいと思
います

Copyright (C) 2011愛知人 All Rights Reserved.