台風21号 大阪支援活動 10/27

2018年10月30日投稿

【10月27日 活動報告】 報告者:塩竹正徳

本日は昨夜からの雨もほぼ止んだものの屋根上はまだ濡れている事もあり午前中は安全講習、ブルキャの作成、午後からの活動先での事前準備の他、吹田社協さまにてこれまで保管して頂いていたDAW号はじめ資機材が岸和田ボラセンへ到着する事もあり倉庫内の片付けを実施。
そしてお昼前に吹田社協さまより資機材が到着。これで全て吹田にて保管されていた資機材は岸和田へ到着いたしました。
運搬には吹田社協広田局長、ダッシュ隊トッピーさんのご協力を頂いております。また、吹田にて資機材の確認、積込等にご尽力頂いた方々へ感謝申し上げます。
(今回、寝具など個人的な荷物もご無理お願いさせて頂きましたありがとうございます)
資機材到着後はチェック表との照合を実施。不明な点は多くありましたが…。

午後からは2チーム(赤池チーム、藤丸チーム)に分かれ活動を実施。
本日、自分は赤池チームにて5名(途中より+2名の応援)にて活動です。

まずは本日の作業内容の周知と各自の役割分担、危険予知を実施後、それぞれの役割で作業開始。

作業内容
まずは不要となり倒壊しているアンテナ2本の撤去と割れた瓦と再使用する瓦類を地上への降ろし、その後、屋根上の掃除を実施。
次に大きく崩れた棟瓦部分へのブルーシート張りと部分的に瓦が破損している箇所へのブルーシート張り、瓦の差替え、プラ段の挿入、防水テープでの補修により作業実施。

今回も地元の有志達に参加頂いている事から、安全な屋根上作業について説明をし、実践頂きました。
また、屋根下においても屋根上との連携作業はもとより、自らの安全対策、公衆保安確保にも務めて頂きました。

作業終了後は青山センター長、地元の有志の方々と愛知人メンバーにより飲食店にてさらなる交流、本日の反省など、意見交換会を実施致しました。

このように私達メンバーは地元の方々と交流も深めながら、災害時に地元の方々で、少しでもいち早く復興出来るようなお手伝いをさせて頂いております。
今回の岸和田の活動が開始して4週目となりますが、まだまだ我々も改善すべき点が多くあります。みなさまからも意見を頂き反省・改善を重ねもっと地元の方々が活動しやすい場所にしたい思っています。
屋根上、屋根下問わず出来る事は色々あります。時間のある方、気持ちのある方は遠慮なく是非とも活動にご参加下さい。

 

  • カテゴリー

  • 月別記事

    Copyright (C) 2011愛知人 All Rights Reserved.